_
おしゃれ

福男間違いなし!? もしもB.LEAGUEの選手が「福男レース」を走ってみたらどうなるか分析してみた。

2018.1.10

LINEキャラクター

毎年テレビのニュースで話題になる「福男レース」。1月10日の早朝に兵庫県西宮市の「西宮神社」に集まった人々が、境内を駆け抜け、約230m先の本殿を目指します。先着3番までに「福男」の称号が与えられ、その年の「福」を手に入れることができると言われています。

B.LEAGUE界でスピード自慢の選手が「福男レース」に挑戦したらどうなるのか!? 勝手に分析してみました(゚∀゚)

◎エントリーNo.1

167cmのスピードスター 富樫勇樹千葉ジェッツ

日本バスケ界を代表する「スピードスター」と言えばこの男。

巧みなドリブルワークと素早い切り返しで、相手ディフェンスを置き去りに。そんな富樫選手ならきっと、小柄な体格を有利に使い、他の参加者の間をすり抜け、本殿まで一直線!

福男に最も近いBリーグ選手は彼かもしれない・・・!?

イメージ

◎エントリーNo.2

道原紀晃西宮ストークス

今シーズンからB1の舞台で戦う西宮を牽引するエース。果敢なドライブで相手ゴールにアタック。スピードだけではなく、相手ディフェンスを恐れずにぶつかる思い切りの良さも、魅力の1つ。

そんな道原選手ならきっと、スタート時の人混みの中を恐れずに、絶好のスタートダッシュがきれるはず!しかも道原選手は、「西宮神社」がある兵庫県出身で、「西宮ストークス」に所属!地元パワーも後押しするのでは・・・!?

イメージ

◎エントリーNo.3

五十嵐圭新潟アルビレックスBB

かつて日本代表のPGとして活躍したバスケ界の貴公子。今年で38歳を迎えるとは思えないほどの甘いルックスで、女性ファンをメロメロに。ベテランとなった今でも、持ち味の「スピード」は衰えることなく健在。

昨シーズンは、1試合(45分)休むことなくフル出場の経験から、体力にも自信あり。そんな五十嵐選手ならきっと、スタートからゴールまで全速力で駆け抜け、周りの参加者を置き去りに!
近年女性の参加者が増えている中で、五十嵐選手のイケメンスマイルは、女性参加者にとって最大の甘い誘惑となってしまうのでは・・・!?

イメージ

最後に

B.LEAGUEを代表するスピード自慢の選手たちはどうでしたか?福男レースの挑戦する方は、バスケの動きを参考にしてみたら面白いかもしれませんね( ̄∀ ̄)

この記事をシェア

facebook twitter