_
たのしい

JリーグのオフシーズンにはB.LEAGUE!Jサポーターに知ってほしい!B.LEAGUEクラブ紹介

2017.12.19

LINEキャラクター

Jリーグサポーターの皆さん!今シーズンも熱い応援お疲れ様でした。これからオフシーズンとなり、少し寂しい期間になってしまいますよね。そんなみなさんにオススメしたいのが #Bリーグ観戦 です(*゚▽゚*) 今回は、今シーズン活躍したクラブの中でも、同じ地域を本拠地として戦うB.LEAGUEのクラブを紹介します。

◎まず #Bリーグ観戦 の魅力は・・・?

スピーディーな試合展開、選手との距離の近さやアリーナならではの演出など、#Bリーグ観戦 には、Jリーグ観戦とはまた違った魅力がたくさん!

詳しく知りたい方はこちらの記事を↓

スポーツ観戦初心者に #Bリーグ観戦 が絶対的におすすめな理由5選

◎クラブ紹介

B.LEAGUEには、B1 18クラブ、B2 18クラブ、B3 9クラブの全45クラブが所属しています。今回は、Jリーグと同じ地域を本拠地として戦うクラブを一部紹介します!

川崎ブレイブサンダース

イメージ

J1で悲願の初優勝を果たした「川崎フロンターレ」・:*+.\(( °ω° ))/.:+ 同じ川崎市を本拠地としてB1 東地区で戦っているのが「川崎ブレイブサンダース」です! 昨シーズンはファイナルで敗れ、惜しくも準優勝( ;∀;) 今シーズンは、昨シーズンの得点王ニック・ファジーカス選手や日本代表の篠山竜青選手を中心に、激戦の東地区でしのぎを削っています!

▲「川崎フロンターレ」と「川崎ブレイブサンダース」のコラボ企画の詳細

昨シーズンは、川崎フロンターレと川崎ブレイブサンダーズのコラボ企画を開催! 同日に両試合を観戦できるチケットを販売し、バスケとサッカーを1日で楽しめる素敵な企画となりました(((o(*゚▽゚*)o))) 今シーズンもコラボ企画が実施されるのか楽しみです!

川崎ブレイブサンダースを応援する!

名古屋ダイヤモンドドルフィンズFイーグルス名古屋

イメージ

J2からJ1へ1年で復帰を果たした「名古屋グランパス」。同じ名古屋市を本拠地として戦っているのがB1 中地区の名古屋ダイヤモンドドルフィンズとB2 中地区のFイーグルス名古屋です!名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、若手が中心のフレッシュなクラブ!「ドルファミ」と呼ばれるファンの皆さんが、ホームゲームを熱く盛り上げています!

名古屋ダイヤモンドドルフィンズを応援する!

イメージ

一方、Fイーグルス名古屋は、現在B2 中地区の首位をキープ!今シーズンは、ホームゲームの観客動員数が昨シーズンに比べて大幅にUP! B1昇格に向けて戦う選手たちに、熱い声援を送りましょう!

ファイティングイーグルス名古屋を応援する!

名古屋ダイヤモンドドルフィンズFイーグルス名古屋

イメージ

惜しくもあと一歩のところでJ1昇格を逃してしまった「アビスパ福岡」。来シーズンへ大きな期待がかるクラブの1つだと思います!そんなアビスパ福岡と同じ福岡を拠点にB1昇格に向けて戦っているのが、B2 西地区のライジングゼファー福岡です!今シーズン、B3からB2に昇格したばかりですが、怒涛の勢いでB2 西地区の首位を独走中!ライジングセファー福岡の躍進劇をぜひ会場で(*^^*)

ライジングゼファー福岡の試合を応援する!

最後に・・・
Jリーグサポーターの皆さん! ぜひB.LEAGUEの試合に足を運び、いつもとは違うスポーツ観戦を楽しんでみてはどうですか? JリーグもB.LEAGUEも共にスポーツ界を盛り上げましょう!!

この記事をシェア

facebook twitter